[Android] AnimatorListenerAdapter によるAnimationの一時停止と再開

Property Animationを使って画像を回転させながら移動していく途中で、停止・再開させるには AnimatorPauseListener を使うことで可能です。更に AnimatorListenerAdapter を設定しておくと便利です。
 
propertyanimation 01 - [Android] AnimatorListenerAdapter によるAnimationの一時停止と再開

Android Studio 3.0.1
Android 8.0



Property Animation

 
Property Animationの基本的な使い方からの続きです。Property AnimationはAnimationの中間値を実際に作っているので、そのあるタイミングで停止させることも可能です。これはAnimationを見せているだけのView Animationではできないことです。
 

 

AnimatorPauseListener

 
AnimatorListenerを実装してリスナーをObjectに設定すると、開始、キャンセル、終了、リピートがコールバックされますが、一時停止とその後の再開はAnimatorPauseListenerを使わないとできません。
 
設定はAnimatorListenerとほとんど同様ですが、pauseとresumeにはその時の状態を確認してpause()とresume()を実行させます。
 

 

 

AnimatorListenerAdapter

 
AnimatorPauseListenerを実装するだけでは、開始や終了のコールバックを受け取れないので、2つのInterfaceを追加実装することも可能です。ただ、AnimatorListenerAdapterを使うと簡単に処理することができます。
 
AnimatorListenerAdapterはデフォルトでAnimatorListenerAdapterとAnimatorPauseListenerそれぞれ空のメソッドを実装してくれます。あとはどれか必要なコールバックの処理を記述するだけで済みます。
 
また、addListener と addPauseListener のどちらでも設定でき機能します。

 

サンプルコード

 
MainActivity.java

 
activity_main.xml

 
リソース
strings.xml

 

サンプル動画

 

 
 
関連ページ:

 
Reference:
Property Animation | Android Developers
AnimatorListenerAdapter | Android Developers

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ページのトップへ戻る




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする