[Android] Button のonClickListenerの設定が色々できる件

ButtonのsetOnClickListenerですが、匿名クラスを使ったりと色々やり方があるようです。それぞれ良し悪しが個々の状況によってあると思います。すぐに使えるように確認して見ました。
 
buttonclick 01 - [Android] Button のonClickListenerの設定が色々できる件

Android Studio 3.0.1
Android 8.0

 



Button onClickListner

 
このサイトでのButton Clickのリスナーは匿名クラスを多用していますが、他にも方法があります。規模が大きなprojectになれば使い方も変えた方がメンテナンスしやすくなります。

  1. 匿名クラス
  2. 変数でまとめる
  3. OnClickListener を implementsして onClick を定義
  4. カスタムクラスを作成
  5. android:onClick

 

 

匿名クラス

 
GoogleのReferenceに紹介されているやり方で、メソッド内でクラスを定義する匿名(無名)クラスを使います。ボタンが1、2個であればこれで済ませることが多いですね。
MainActivity.java

 
activity_main.xml

 

 

変数でまとめる

 
匿名クラスを使う方法は1文なのですが、長ったらしいしごちゃごちゃする、最後の;を忘れることがある等々

単純に見やすくするには、これを変数に置き換えてしまうやり方があります
MainActivity.java

 
レイアウトは同じです。
 

 

OnClickListener を implementsして onClick を定義

 
匿名クラスとしない場合はどうするかというと、OnClickListenerをimplementsします。するとpublic void onClick(View view){}というメソッドを作るようにように要求されます。

MainActivity.java

 

activity_main.xml

 
ボタンクリックでの処理を1か所にまとめられるので可読性が上がるかもしれません。
 

 

カスタムクラスを作成

 
メソッドでクリックを受けていますが、カスタムクラスにしてしまうこともできます。その場合は、OnClickListenerを継承したクラスとします。

MainActivity.java

activity_main.xml

 

 

android:onClick

 
XMLレイアウトの中でandroid:onClickを定義してメソッドを実行させるケースです。これもGoogleのReferenceで紹介されています。
 

 

activity_main.xml

 
ActivityのコードにはButtonのインスタンスもありません、これが気持ち悪いと感じるかどうかです。Fragmentではうまくつかえるのでしょうか…
 

5種類のButton Click

 
この5種類をテストするコードを書いてみました。
MainActivity.java

 
activity_main.xml

 
リソース
strings.xml

 

 
 
References:
Button

関連ページ:

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しでお得です。」


誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加




Google Pixel 3 XLグローバル版
SIMフリー 並行輸入品
6.3インチの大画面
背景をぼかすポートレートモード撮影

Anker PowerCore II Slim 10000
Power IQ 2.0搭載
iPhone & Android対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする