[Android] カスタム Listener を interface を使って実装してみる

処理が終わった、モードが変更されたなどを知りたい場合があります。Listenerがもともと存在するAPIであればいいのですが、そういったものがない場合にカスタムでlistenerを実装し通知させることも可能です。
 
custom listener 01 - [Android] カスタム Listener を interface を使って実装してみる

Android Studio 3.5.3
API 29

 



custom listener

 
ボタンをユーザーがタップしたのを知るためにlistenerをセットします。同様にあるタスクが終了、あるいは事象が変更されたらお知らせを出すメソッドが実装されているAPIがあります。こういったlistenerをカスタムでつくるためにinterfaceを活用します。

interfaceを実装するときはimplementsを使っています、Buttonがいい例です。

 

 

interface, implements

 
重いタスクをさせて、それが終了したら知らせるという形でクラスを作ってみます。
本来はこういった重いタスクは非同期がいいのですが、ここでは簡略化します。
以下はAsyncTaskでcustom listenerを使った例
 

asynctask 00 100x100 - [Android] カスタム Listener を interface を使って実装してみる
非同期処理が必要なケースは、メインスレッドでアプリがUIを表示させたり、ユーザーが入力したりしている裏でいろいろと処理をして欲しい場合で...

 
重いタスクとして1〜20までを加算させまてみます(あまり重くないのですが)
 
HeavyTask.java

 
これをMainActivityに実装してみます。

 
ログの結果

 

匿名クラス

 
ボタンでよくやる匿名クラスでの実装
HeavyTask.java

 
MainActivity

 

まとめのコード

 
上の2つの組み合わせ的ですがsetListenerを明示できてわかりやすいのかもしれません
スリープさせて重そうなTaskにして、ボタンタップのタイミングで開始するようにしました。

HeavyTask.java

 
MainActivity.java

 
レイアウトです。HeavyTaskを起動するボタンとその結果を表示するTextViewをおきました。
activity_main.xml

 
strings.xml

 

 
 
References:
Observer Design Pattern in Java
How to create our own Listener interface in android? – Stack Overflow

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加

 

アプリ開発が上達するお勧め

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンラインのプログラミングスクールがいいでしょう。

オンラインスクールは色々ありますが、以下の3つはAndroidが学習できる老舗スクールです。


TECH ACADEMY
Androidアプリコース


こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。


侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン


とても簡単なことなのに本やネットの画像だけでは分かりにくいことはあります。実際に質問してピンポイントで教えてもらうと、なんだそんなこと、と言うのがけっこうあります。


CodeCamp
~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp




直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。


無料で転職まで
これはアプリ限定ではありませんが無料です
その代わり就職することを前提にしたスクールでエンジニアになって職を得たいのであれば手っ取り早いかもしれません




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする