[Android] アプリを Google Play に公開、Developer Console に登録する

AndroidアプリのSigend Buidのapkファイルを作成後はGoogle Playで公開するための登録をします。

sponsored link

Developer Console

 
Google Play で Android アプリを公開するには、Google Play デベロッパー アカウントを作成する必要があります。
尚、ブラウザによりファイルのアップロードができないことがありますのでGoogle Chrome を使うことが推奨されます。
 

デベロッパー アカウントの登録

こちらを参考に登録してください Google Play デベロッパー アカウントへの登録
以下4つの手順です

  1. Google Play デベロッパー アカウントを作成します
  2. デベロッパー販売 / 配布契約に同意します
  3. 登録料を支払います
    • 1 回限りの登録料($25 USD)が必要になります。お支払いには以下のクレジット カードまたはデビットカードを使用できます。
  4. アカウントの詳細を入力します

アプリの登録

開発者登録が済んだところでGoogle Play の Developer Console に入ります
https://play.google.com/apps/publish

 
すべてのアプリの項目に
「新しいアプリを追加」があり これをクリックします
 
android_release_7
 
「デフォルトの言語」はメニューや文字の ローカライズが
できているなら 英語にしたほうが、世界中に配布できます
日本語しか対応していない場合は日本語を選択します
後で修正も可能です
 
「タイトル」を入れた後で 「APKをアップロード」
あるいは 「ストアの掲載情報を準備」を選びます
とりあえずAPKのアップで勧めます
 
android_release_8
 
APKアップで製品版とベータ版テスト、
そして アルファ版テストが選べます。
 
android_release_9
 
ここでは仮にベータ版にアップします。
 
android_release_11
 
ここへ apk ファイルをドロップするか
「ファイルを選択」してアップロードします
 
android_release_12
 
成功すれば次のような画面になります
製品版も同じです
 
android_release_13              

ストアの掲載情報登録

 
次に「ストアの掲載情報」を登録します
左のAPKの下のアイコンです

android_release_20
情報入力画面です
* のマークは公開前に情報を入力しなければいけません
ここでは、最低限必要なところを見ていきます

「タイトル」と
「説明」を入れます

説明ではキーワードを入れると検索にかかりやすくなります
デフォルトの言語設定を英語にした場合は
英語での説明を入れなければなりません
android_release_21

スクリーンショットを最低2枚必要です
画像はJPEG または 24ビット PNG 形式で、
1辺 320 px 以上
用意できたならば、スマホならば電話
タブレットであればそれに合う場所に
アップロードします

android_release_22
512 x 512 px の 32 ビット PNG 形式 (アルファ付き)のアイコンを登録します。
これはアプリ自身のアイコンではなく Google Play で使われます

android_release_23

横 1,024 x 縦 500の宣伝用画像も必須項目となりました

スクリーンショット 2016-02-02 18.24.47
分類では、アプリのカテゴリーを決めます
また、連絡先をメールかウェブサイトで明示しなければなりません

プライバシーポリシーはアプリがユーザー情報をどう取り扱うかを示すことで
ユーザーが安心して使うことができますが、用意してない場合は
「今回はプライバシーポリシーの URL を送信しない。」にチェックを入れる

android_release_24

最後に「保存」ボタンを押してこの項目は終わりです
 

価格と販売/配布地域の設定

 
有料か無料販売かを設定します
販売/配布地域の設定は、ここでは日本だけです
他の国にチェクを入れたくなりますが
その場合は最低限英語で全て処理しなければなりません
 
android_release_30
 
自分のアプリが教育向けだと思えれば
チェックを入れてください。
高校生レベルまで有益な学習アプリである必要があります
コンテンツガイドラインと米国輸出法にチェックを入れます
正直、ゆるいのでしょうかAppleに比べると
アンドロイドアプリでこれは
ガイドラインに反するぞ、と思うものが幾つかありました
米国輸出法は暗号化技術の輸出を規制するものです 
android_release_31
 
これでまた「保存」をクリックすれば終了です。
最終的に、apk を製品版としてアップすれば
数時間で公開されます。