[Android] アプリを Google Play Console に登録する

AndroidアプリをGoogle Playで公開するための登録について、なるべく簡単にやってみます。
 
play console 24c - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する



Google Play Console

 
数年前に比べると登録作業が増えて、かつ〇〇に遵守的な内容が増えました。確かに昔は酷いアプリが出回っていました。Androidアプリ自体のユーザーからの評判が落ちるのは開発者としても困りますのでしかたないですね。
 
Google Play で Android アプリを公開するには、Google Play デベロッパー アカウントを作成する必要があります。
尚、ブラウザによりファイルのアップロードができないことがありますのでGoogle Chrome を使うことが推奨されます。
 

 

デベロッパー アカウントの登録

 
こちらを参考に登録してください Google Play デベロッパー アカウントへの登録
以下4つの手順です

  1. Google Play デベロッパー アカウントを作成します
  2. デベロッパー販売 / 配布契約に同意します
  3. 登録料を支払います
    • 1 回限りの登録料($25 USD)が必要になります。支払いは MasterCard、Visa、American Express のクレジット カードまたはそれらのデビットカードを使用できます。(JCBとかはだめでしょう)
  4. アカウントの詳細を入力します
 

アプリの登録

 
開発者登録が済んだところでGoogle Play の Developer Console に入ります
https://play.google.com/apps/publish
 
項目がたくさんあって、しかもフォーマットが何度も変わるので何がなんだか分からないと思うのは私だけでしょうか?

とりあえず、「シンプルなアプリ」のケースでの必要最低限をピックアップしてみます。
 
初めての登録では「全てのアプリ」から、「アプリの作成」が右上にあるのでクリックします。
 
play console 01 500x169 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
以降はストアの掲載情報
 
一度公開した後ではTopの「すべてのアプリ」から個別のアプリを選択します。
階層名等々はリリース前と後で微妙に異なります。まあそのうちまた変わるでしょうから名前を厳密に覚えてもしょうがないので、どんな事を登録、設定すべきかと理解した方がいいでしょう。
 
play console 12 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する

 

ストアの掲載情報

 
アプリ作成から入るとストアの掲載情報欄に移行して行きます。とりあえず名前などを決めて保存して後から追加することも可能です。

 

商品の詳細

「ストアの掲載情報」を登録します
 
play console 03 500x323 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
個別のアプリの掲載情報登録画面となります。
 
言語設定
デフォルトの言語を設定します。
世界中に配布するのであれば、ここは英語にしておきます。メニューや文字の ローカライズはやらないといけませんが、ゲームのようなアプリであればさほど翻訳もないかもしれません。単語帳のようなアプリであれば日本人向けでしょうから日本語を選択します。後で修正も可能
 
デフォルト言語を英語にした場合に、日本語を追加するには
 
右上の「翻訳を管理」から「独自の翻訳を追加」を選択します
 
play console 04 500x140 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
日本語を「追加」します。(最後のほうにあります)
 
play console 05 500x103 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
日本語の入力設定になりました。
 
play console 06 500x140 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
言語(2)をみてみると、デフォルトで英語、次が日本語となっています。
これは日本語が使われている環境では日本語、それ以外は英語になります。
 
play console 07 500x107 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
タイトル:
 
play console 02 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
以降は各言語を別々に登録します。
 
右上にあるヘルプ「?」のアイコンをクリックして、検索をかけると例えば

  • タイトルは、理解しやすく、一般用語を避け、アプリの内容を効果的に表す固有のものにしてください。

というようにアドバイスやその他の説明が出てきますので活用しましょう。
 
また、途中で抜けたい場合は「未公開版を保存」しておき、後で追加することもできます。
 
play console 08 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
簡単な説明:
 
アプリの紹介するための80文字までの短く端的な説明文を書きます。デフォルトの言語設定を英語にした場合は英語での説明を入れなければなりませんが、翻訳サービス(有料)を利用する事もできます。
 
詳しい説明:
 
アプリの紹介文が4000文字まで記述できます。
またポリシー違反にならないように注意が必要です。
メタデータに関するポリシー
プログラム ポリシー
 
画像および映像:
 
play console 17 500x177 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
● スクリーンショット
最低2枚必要です。画像はJPEG または 24ビット PNG 形式(アルファ無し)で、1辺が 320 px 以上で3840pixまでの画像サイズ。アルファとは透明度です。jpgには透明度設定がないのでRGBで8bitx3=24bitということですね。
 
用意できたならば、スマホならば電話(スマホのこと)などそれぞれの場所に画像をアップロードします。
 
● 高解像度アイコン
512 x 512 px の 32ビット PNG 形式 (アルファ付き)のアイコンを登録します。
これはアプリ自身のアイコンではなく Google Play で使われます
 
● ヘッダー画像
横 1,024 x 縦 500の宣伝用画像も必須項目となりました。これはJPGか24ビットPNG、つまりアルファ無し画像です
 
play console 16 500x327 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する

 

分類

 
play console 15 500x218 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
● アプリのタイプ:
「アプリ」か「ゲーム」を選択
 
● カテゴリー:
上で決めたタイプに応じたカテゴリー選択肢がでてきますので選びます。
例:ゲームを選んでアクションを選択, etc.
 
● コンテンツのレーティング:
これはapkをアップデートした後に設定します。

連絡先情報

 
play console 14 500x202 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
ここではメールアドレスは必須ですが、電話やウェブサイトはなくても大丈夫です。
ただし、アプリのサポートとしてはウェブサイトはあったほうがいいでしょうね
 
● ウェブサイト
実はこういったサイトがSEO的にダウンロードを増やすファクターでもあるようです。
 
● メール
アプリと一緒に公開されます。Gmailで作っておきましょう。
 
● 電話
 
連絡先をメールかウェブサイトで明示しなければなりません

 

プライバシー ポリシー

play console 13 500x110 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
プライバシーポリシーはアプリがユーザー情報をどう取り扱うかを示すことで
ユーザーが安心して使ってもらおうということです。
それと、アプリによる法的な問題(訴訟等)があっても自己責任でGoogleは知りませんということが遠回しに見えてきます。
 
https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/113469?visit_id=1-636534852877853647-34253961&rd=1#privacyによると
 
以下の2つはポリシーを作らないといけないのですが
機密情報に関わる権限や機密データ(ユーザーデータのポリシーで規定されるもの)へのアクセス権をリクエストするアプリの場合:
 
Designed for Families プログラムに参加しているアプリの場合:
 
これ以外は
「今回はプライバシーポリシーの URL を送信しない。」にチェックを入れておけば多分いいようです。(自己責任でお願いします)
 
最後に「保存」ボタンを押してこの項目は終わりです

 

コンテンツのレーティング

 
ここはapkがアップロードされていないと設定できません。
 
例えば暴力的な内容のゲームの場合、幼いこど向けではないと判断されるわけです。
現実的に暴力的・エログロなものは大人以上か、そもそも配信対象外となるかもしれません。国によって基準が異なります。
また、これを設定しないと配信してもらえません。
 
アプリやゲームのコンテンツ レーティング
 
play console 30 500x270 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
内容を理解して納得したら「次へ」
メールアドを入力。後でレーティング組織(IARC)から連絡が届きます。
アプリのカテゴリを選択します。
 
play console 31 500x409 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
いくつかの質問がに答えます。
 
play console 32 500x379 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
最後に「アンケートを保存」をクリックすると「レーティングを算定」が有効になります。
 
play console 33 500x388 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
レーティングを算定するとこのように各国のレーティングが表示れます。
 
play console 34 500x552 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
これで「レーティングを適用」を選択すれば終わりです。

 

価格と販売/配布地域の設定

 
● アプリ価格の設定
有料か無料販売かを設定します。 
「無料」として公開したアプリを「有料」に変更することはできません
「有料」から「無料」はできます。
 
play console 18 500x260 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
● 国
公開する国の設定です。言葉があまり関係ないゲームであれば英語言語設定でたくさん入れてもダウンロードされる可能性はあります。日本だけの1ヶ国だけでも可能です。更に電話キャリアー限定も設定できるようになりました。
 
play console 19 500x390 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 

● 主な対象が子供かどうかの確認
play console 20 500x83 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
児童オンラインプライバシー保護法 COPPA:
ファミリー向けと COPPA – Developer Policy Center – Google Play
SONY BMG、児童のプライバシー保護法違反で100万ドル支払い
 
海外向けだけではありませんが子供向けアプリはそれなりの注意が必要ですね
 
● 広告を含む
AdMobでこずかい稼ぎの人は「はい」にチェック
 
play console 21 500x86 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する

 

同意事項

 
play console 22 500x251 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
これはapkをアップロードしないと選択できないところです。
 
● コンテンツガイドライン
Android コンテンツガイドラインを読んでください。
 
● 米国輸出法
米国輸出法は暗号化技術の輸出を規制するものです。日本在住でアプリも日本向けであれば関係ないと思っているかもしれませんが、輸出法の遵守には

アプリケーションは Google サーバーでホストされます。Google Inc. は米国企業であり、米国外のユーザーが Google のサーバーからソフトウェアをダウンロードすることは、米国政府によって輸出と見なされます。そのため、デベロッパーが米国在住ではなく、米国人でなくても、アプリケーションが米国輸出法の対象となる可能性があり、特に暗号を使用するソフトウェアは、大変複雑な規制の対象となります。 

 
アメリカのサーバーからあなたのアプリが配信、輸出されているってことですか!

Googleにチャットして聞いてみたのですが、輸出法の対象となる「可能性はあります」とのことですが基本的に法律案件には助言できないそうです。弁護士に相談してくれということでしょうか。
いやいや、お遊びで作ったゲームアプリなのに弁護士とか…変なものは作りませんのでなんとかお願いします。


 
これで「未公開版を保存」でとりあえず保存。
apkをアップしたところで足りない情報を完成させて公開です。

 

アプリのリリース

 
「APKをアップロード」を選びますAPKアップで製品版とベータ版テスト、
そして アルファ版テストが選べます。
 
play console 25b 500x365 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
例えば「製品を管理」をクリック
 
play console 26 500x303 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
「リリースを作成」
 
play console 27 500x274 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
「次へ」
 
「Google Play App Signing 利用規約」をよく読んで同意します。
「オプトアウト」でここをスキップして以前の署名鍵での方法もできるようです。
 
Google Play App Signing が有効化しました。
これでSigned apkファイルを「ファイルを選択」からアップロードします。
 
play console 28 500x444 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
apkのアップロードに成功しました。
リリース名と新機能の説明を入力します。
 
play console 29 500x565 - [Android]  アプリを Google Play Console に登録する
 
書き込んだら保存して確認します。
 
apkがアップロード、保存できたので登録の足りないところを追加します。

次の手順

アプリのアップロードに手順が書かれていますが、これで最後です。

この後、テストしてストアの掲載情報を最適化も忘れずに。
 
 

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ページのトップへ戻る




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする