[Android] Storage Access Framework で画像を取り出す

昔はギャラリー今はフォト等と言われていますが、写真を撮った画像が保存されているところから画像を取得したい場合にはSAF(Storage Access Framework)を使います。
ファイルをその場で開いて編集したい場合などは、ACTION_OPEN_DOCUMENT を、また保存したい場合はACTION_CREATE_DOCUMENTアクションを使います。
 
intent gallery a01 - [Android] Storage Access Framework で画像を取り出す

Android Studio 3.0.1
Android 8.1.0

 



SAF, Storage Access Framework

 
API 19よりSAFを使うことによりコンテンツを容易に参照できるようになりました。

  • ドキュメント ストレージ プロバイダ全体から簡単にドキュメント、画像、その他のファイルを参照して開くことができる
  • 標準の Picker UI により、アプリやプロバイダを通じて一貫性のある方法でファイルにアクセスできる

storage dataflow b - [Android] Storage Access Framework で画像を取り出す

図 2. ストレージ アクセス フレームワークのフロー
Ref:ストレージ アクセス フレームワーク

 

 

Intent ACTION_OPEN

 
画像ファイルを取り出してみましょう。

  • ACTION_OPEN_DOCUMENT
    • ピッカーを使用してファイルを選択するためのIntent
  • Intent.CATEGORY_OPENABLE:
    • openFileDescriptor() によるファイル ストリームとして利用可能な「開くことができる」ファイルのカテゴリーを選択
  • setType:
    • MIME タイプを指定、取得するファイルの形式をフィルターする 

 
ピッカーから画像を選択すると、onActivityResult() が呼び出され、選択した画像を指す URI が resultData パラメータに含まれ返ってきます。それを getData() を使って抽出です。
 

このケースでは、パーミッションなど必要ありません(これがありがたいですね)

 

サンプルコード

 
まとめるとこうなります。
MainActivity.java

 
activity_main.xml

 
リソースです
strings.xml

 

サンプル動画

 


 
本来はAsyncTaskを使って非同期で画像を取り込む事が望ましいとされています。(この例では簡略化させていただきました…)
 
 
関連ページ:
スマホ内の画像を検索してpathを表示させます。
MediaStore スマホの画像を検索
 
References:
Storage Access Framework
インテント
ACTION_OPEN_DOCUMENT
ACTION_GET_CONTENT

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しでお得です。」


誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加




Google Pixel 3 XLグローバル版
SIMフリー 並行輸入品
6.3インチの大画面
背景をぼかすポートレートモード撮影

Anker PowerCore II Slim 10000
Power IQ 2.0搭載
iPhone & Android対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする