[Android] inflate を使っていみる

BaseAdapterやちょっと複雑なレイアウトしようとすると登場する inflater とは何者なのか?
 
inflater 01b - [Android] inflate を使っていみる

Android Studio 3.0.1
Android 8.1.0

 



Inflater

 
「inflate」はランダムハウス英和大辞典 によれば社会人必須レベルとのことですが、どんな意味でしょう。

inflate: 拡張する,膨張させる
[ラテン語inflātus(in-中に+flāre吹く+-tus過去分詞語尾=吹き込む). △DEFLATE]
(ref. goo辞書)
語源からすると中に吹き込む、これが一番意味合いとして合っているように思います。
 

 

Inflaterの使い方

 
レイアウトXMLファイルからViewを作るには直接インスタンス化するのではなく、getLayoutInflater()またはgetSystemService(Class)を使うのですが、これはActivityのコンテキストで既にあるLayoutInflaterのインスタンスを取得して利用することになります。
 
getLayoutnflater() について使い方を見てみます。
 
例えば activity_main.xml の中に LinearLayout を作ります。中は何もViewが入っていないのとサイズもView次第なので何も表示されません。この状態では他のViewのButtonとTextViewのみの表示となります。
 
activity_main.xml

 
この id が linear_layout の箇所に別のレイアウトXMLファイルを
inflate (int resource, ViewGroup root) を使ってinflateします。
 
inflate_layout.xml

 
View inflate (int resource, ViewGroup root)

resource ID for an XML layout resource to load (e.g., R.layout.main_page)
root Optional view to be the parent of the generated hierarchy.
This value may be null.

このように使います。
 

 

サンプルコード

 
これをまとめると
 
MainActivity.java

 
元になるレイアウトです。
activity_main.xml

 
inflate_layout.xml

 
strings.xml

 

サンプル動画

 

 
またこのように LayoutInflater.from や getSystemService(Context.LAYOUT_INFLATER_SERVICE) を使うこともできます。

 
 
References:
LayoutInflater | Android Developers
getLayoutInflater

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ページのトップへ戻る




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする