[Android & Kotlin] Fullscreen mode 全画面表示の3つのアプローチ

ゲームやギャラリーなどは全画面での表示が好まれるアプリです。単純に全画面にするとユーザーが困ることもあり、3つの方法がGoogleから提示されています。
 
fullscreen 01 - [Android & Kotlin] Fullscreen mode 全画面表示の3つのアプローチ

Android Studio 3.1.4
API 28
Kotlin 1.2.61

 



Fullscreen

 
コードでのfullscreenにはAPIが19以上という制約がありますが、API19未満のシェアは相当少なくなってきています。(2018/7で5%以下)
 
例えば、この画像をフルスクリーンで表示したいとすると、
 
girl tomoka 169x300 - [Android & Kotlin] Fullscreen mode 全画面表示の3つのアプローチ
 
これを普通に表示させるとこうなります
 
original - [Android & Kotlin] Fullscreen mode 全画面表示の3つのアプローチ
 
フルスクリーンにするには3種類のバーを非表示にする必要があります。

  • ステータスバー
  • タイトルバー
  • ナビゲーションバー

Enable fullscreen mode | Android Developers によると3つのアプローチがあると言っていますので、それぞれ試してみます。
 

 

Lean back

 
この2つで status bar と navigation bar を非表示にできます。

  • SYSTEM_UI_FLAG_FULLSCREEN
    • statusbarを非表示
  • SYSTEM_UI_FLAG_HIDE_NAVIGATION
    • navigationbarを非表示

また、全画面から戻ったり終了させるためには、画面をタップして戻ることが可能です。
このシステムバーの表示、非表示はリスナーを使ってステータスを知ることができます。
setOnSystemUiVisibilityChangeListener
 
なお、タイトルバーはここでは外しておくためにMainActivityの継承はActivity()とします。(後でまとめて非表示にします。)
 
MainActivity.kt

 
あまり関係ないとは思いますがレイアウトです。
activity_main.xml

 

 
起動時はフルスクリーンとなっており、”The system bars are NOT visible”のログが見て取れます。
画面タップで”The system bars are visible”とログが代わり、ステータスバーとナビゲーションバーが現れました。

 

Immersive

 
ゲームに没頭している(immersive)時に使うということでしょうか、
SYSTEM_UI_FLAG_IMMERSIVE
これを使うと画面を内側のスワイプダウンでフルスクリーンが解除されます。

  • SYSTEM_UI_FLAG_IMMERSIVE
  • SYSTEM_UI_FLAG_FULLSCREEN
  • SYSTEM_UI_FLAG_HIDE_NAVIGATION

MainActivity.kt

 

 

Sticky immersive

 
immersiveは、ゲームなどで頻繁に画面をスワイプするような場合などでシステムバー(ステータスバーやナビゲーションバー)が出てくると煩わしくなります。これを軽減するためにSYSTEM_UI_FLAG_IMMERSIVE_STICKYを使うことができます。
 
完全にはシステムバーにならない半透明な状態で何もしなければ数秒で元に戻ります。

  • SYSTEM_UI_FLAG_IMMERSIVE_STICKY
  • SYSTEM_UI_FLAG_FULLSCREEN
  • SYSTEM_UI_FLAG_HIDE_NAVIGATION

MainActivity.kt

 

 

Fullscreen Mode

 
Activity()ではなくAppCompatActivity()を使いたい場合もあります。SYSTEM_UI_FLAG_LAYOUT_STABLE
を使うとタイトルバーを消せるのですが、これだけだと問題があります。
 
fullscreen 02 - [Android & Kotlin] Fullscreen mode 全画面表示の3つのアプローチ
 
画面の status bar, navigation bar にスペースができてしまいます。これを解消するには
SYSTEM_UI_FLAG_LAYOUT_HIDE_NAVIGATION
SYSTEM_UI_FLAG_LAYOUT_FULLSCREEN
これらはあたかもシステムバーが非表示であるかのようにビューをレイアウトしてくれるというものです。

  • SYSTEM_UI_FLAG_IMMERSIVE_STICKY
  • SYSTEM_UI_FLAG_FULLSCREEN
  • SYSTEM_UI_FLAG_HIDE_NAVIGATION
  • SYSTEM_UI_FLAG_LAYOUT_STABLE
  • SYSTEM_UI_FLAG_LAYOUT_HIDE_NAVIGATION
  • SYSTEM_UI_FLAG_LAYOUT_FULLSCREEN

また、DialogやPop up メニューなどによってこれらが阻害されないように、onWindowFocusChanged(hasFocus: Boolean)を使って非表示を遅らせることが必要な場合もあります。
これらをまとめると、
MainActivity.kt

 
これでフルスクリーン表示ができました。
 
fullscreen 01 - [Android & Kotlin] Fullscreen mode 全画面表示の3つのアプローチ
 
References:
Enable fullscreen mode | Android Developers
Control the system UI visibility | Android Developers

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しでお得です。」


誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加




Google Pixel 3 XLグローバル版
SIMフリー 並行輸入品
6.3インチの大画面
背景をぼかすポートレートモード撮影

Anker PowerCore II Slim 10000
Power IQ 2.0搭載
iPhone & Android対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする