[Android & Kotlin] DatePicker, TimePicker の実装

Androidでは日付や時間をユーザー入力のために DatePicker や TimePicker を使うとユーザビリティが上がります。Kotlinではどのように設定するのでしょうか確認してみます。
 
1x1.trans - [Android & Kotlin] DatePicker, TimePicker の実装


Android Studio 3.5.3
API 29




DialogFragment

 
Pickerの実装についてはAndroid 3.0 以上で DialogFragment を使うことが推奨されています。また、Time Picker はDate Picker と同様に作成できます。

尚、Javaのケースは以下を参考に

as42021.1.1 picker 00b 100x100 - [Android & Kotlin] DatePicker, TimePicker の実装
日付や時間をユーザーに入力してもらうために DatePicker や TimePicker を使うと便利です。  

 

目次
1. DatePicker
2. TimePicker
 

DatePicker

 
解説では、Layout の android:onClick で Activity のメソッドが呼ばれ、Picker の DialogFragment が表示されます。


 
では、設定したデータをどうやって取り出すのか?
 
Layout での android:onClick をやめてしまうという方法もあるようですが
Stackoverflowによると
 
Picker の DatePickerDialog.OnDateSetListener を使って、 MainActivity にデータを戻してやればいいようです
 
DatePick.kt


 
元の設定:
return new DatePickerDialog(activity, this, year, month, day);
新しい設定:
return new DatePickerDialog(this.context as Context, activity asMainActivity?, year, month, day);
DatePickerDialog() の第2引数が自分自信 this になっているので
これを、MainActivity? にしてやります
 
MainActivity.kt


 
DialogFragment にあった
onDateSet() を持ってきてデータを受け取ります
 
レイアウトです
activity_main.xml


 
リソース
strings.xml


 

 

Time Picker

 
Time Pickerも同様に作成できます。
 
MainActivity.kt


 
TimePick.kt


 
activity_main.xml


 
strings.xml


 

 
 

 

Reference:
Picker API Developer’s Guide | Picker | Google Developers




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする