[Android & Kotlin] プルダウンで項目選択できるSpinnerを設定

ユーザーにちょっとした項目を選択してもらいたいときに便利なのは Spinner です。プルダウンで選択項目が現れる簡単なアプリをKotlinで作ってみましょう。
 
spinner a01 - [Android & Kotlin] プルダウンで項目選択できるSpinnerを設定

Android Studio 3.1.4
Android 8.1
Kotlin 1.2.50

 



Spinner

 
レイアウトにスピナーを追加するには <Spinner /> の要素で行います。
 

 
また、Spinnerの構成は ListView に似ています。
 

 

選択肢を設定

 
選択させたい項目を作ります。例えばArrayで作成すると
 

 
この項目の作成方法は色々あります。
resourceでリストを作ったり、Spinnerに要素をaddしたり。
個人的には要素を把握しやすいのでいつもArrayList、あるいは配列にします。

 

Spinnerのインスタンス生成、Adapterを設定

 
ArrayAdapterに設定します。
これを使うと、その選択肢をいい具合に並べて設定をしてくれます。
 

 
simple_spinner_item はプラットフォームによって提供され、デフォルトのレイアウトとして使用できます。レイアウトを自分で作成する必要はありません。
 

 
setDropDownViewResource(int) 、ユーザーが選択しようとするときにドロップダウンによりリストを表示するのに使うレイアウトを指定します。
 
simple_spinner_dropdown_item もプラットフォームで定義された標準的なレイアウトですので、このレイアウトも作る必要はありません。

 

選択肢が選択された時の処理

 
Spinner にリスナーを登録、選択された場合の挙動を記述します。
Spinner でアイテムが選択されると(on-item-selected)AdapterView.OnItemSelectedListener インターフェースでリスナー登録できるようにし、選択された時に対応する onItemSelected() コールバック メソッドを実装します。
 

 

サンプルコード

 
まとめてみるとこうなります
 
MainActivity.kt

 
activity_main.xml

 

サンプル動画

 

 
Spinnerの文字サイズを変更したい場合は、レイアウトをカスタムで ArrayAdapter に設定するとできます。

関連ページ:

spinner 00 100x100 - [Android & Kotlin] プルダウンで項目選択できるSpinnerを設定
ユーザーにちょっとした項目を選択してもらいたいときに便利なのは Spinner です。プルダウンで選択項目が現れる簡単なアプリを作ってみまし...

 
References:
Spinners
ArrayAdapter | Android Developers

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ページのトップへ戻る




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする