[Android] アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する

cat27 01 - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する
Androidの開発環境を設定した後は、実機でデバッグできるように実機とUSBで接続し、ドラドライバーのインストールと設定が必要です。

Android Studio 3.5.3
API 29



USB ドライバー

 
ここでは実機をアプリのデバッグで使えるようにします。
尚、Macで開発するとこのステップは必要ありませんが、スマホ側の「USBデバッグの設定」は必要です。
 

 

ドライバーのインストール

 
Android USBドライバを以下よりダウンロードします。USBドライバーでもADB、開発用のドライバーをインストールします。
(一般的なAndroid内の画像ファイルを見るようなドライバーではありませんので注意)

これらの中から該当するドライバーをダウンロードし、zipファイルであれば解凍しておきます。ドライバーは各社それぞれなので各端末メーカーの情報で進めてください。

 

USBデバッグの設定

 
Android 10 を例としていますが、端末により若干設定場所が異なることがあります。
 
端末で「設定」「デバイス情報」「ビルド番号
このビルド番号を7回ほどタップします。
「システム」以外のところにある場合もあります
あるいは「検索窓」からも探せます。

pixel3a 02b - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する 
「ビルド番号」の部分を7回タップします。
PINの入力を要求されるので4桁のPINコードを入れると
「開発者向けオプションが有効になりました」とダイアログが表示されます。

 
もう一度「システム」に戻り「詳細設定」を見ると
「開発者向けオプション」が出来ています。
 
開発者向けオプションの中に入り「USBデバッグ」を有効にします
確認ダイアログを「OK」
 
usb debug 05 - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する
 
USBデバッグができるようになりました。
 
usb debug 06 - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する
 

 

デバイスマネージャーの設定(参考)

 
以下はPixel以外の古いデバイスの場合です。Pixelの場合はこれで設定が終わりですが、メーカーによって異なる場合があるかもしれませんのでそれぞれの設定説明を確認してください
 
OEM USB ドライバのインストール | Google

Windows 7 以降についてはこのような手順だそうですがもう使わないでしょう
 
以下は Windows 7 以降の OS を搭載したコンピュータに Android USB ドライバを初めてインストールする手順です。

  • Android 対応端末をコンピュータの USB ポートに接続します。
  • デスクトップまたは Windows Explorer から [Computer] を右クリックして、[Manage] を選択します。
  • 左のパネルから [Devices] を選択します。
  • 右のパネルから [Other device] を見つけて展開します。
  • 端末名(Nexus S など)を右クリックして、[Update Driver Software] を選択します。これで [Hardware Update Wizard] が立ち上がります。
  • [Browse my computer for driver software] を選択して [Next] をクリックします。
  • [Browse] をクリックして USB ドライバ フォルダの場所を探します(Google USB ドライバは、<sdk>\extras\google\usb_driver\ にあります)。
  • [Next] をクリックして、ドライバをインストールします。

 
Nexusで試した例です。
PC側でデバイスマネージャーを表示
NexusをUSBケーブルで接続すると、例えば
「ユニバーサル シリアル バス デバイス」のノードに”Nexus…”のデバイスが表示されます。
 
usb driver 02c - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する
 
右クリックでポップアップメニューを表示
「ドライバーソフトウェアの更新」を選択
 
usb driver 03 - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する
 
ドライバーソフトウェアの更新ダイアログで、ドライバーをダウンロードしてきたのであれば
「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」
を選択します。それ以外は自動検索で探してみます。

 
usb driver 05 - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する
 
先ほどダウンロードして解凍したドライバーの場所を指定
ドライバーのインストールが始まります。
 
インストールが完了するとAndroidノードに
“Android Composite ADB Interface”
デバイスが追加されているのがわかります
 
usb driver 06 - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する

 

USBデバッグ許可

 
端末(Nexus)側にこのPCとのUSBデバッグ許可確認のダイアログが表示されるので
「OK」とします
 
usb driver 09 - [Android]  アプリを実機でデバッグするためのUSB ドライバーを設定する
 
これで、Nexusを使ってアプリをデバッグすることができるようになりました。

エラーケース:
Android Studio のSDK Google USB Driver のインストールはできていますか?確認しましょう。
 

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加

 

アプリ開発が上達するお勧め

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンラインのプログラミングスクールがいいでしょう。

オンラインスクールは色々ありますが、以下の3つはAndroidが学習できる老舗スクールです。


TECH ACADEMY
Androidアプリコース


こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。


侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン


とても簡単なことなのに本やネットの画像だけでは分かりにくいことはあります。実際に質問してピンポイントで教えてもらうと、なんだそんなこと、と言うのがけっこうあります。


CodeCamp
~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp




直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする