[Android] SVOX 音声合成ソフトTextToSpeech の設定

SVOX という音声合成ソフトがありますが、TTS(TextToSpeech) という文章読み上げソフトです。

Android デフォルトでは Pico TTS が音声合成エンジンとしてインストールされているますが、それ以外の言語や性別に対応しています。
 
SVOX は色々な言語をサポートしています
https://svoxmobilevoices.wordpress.com/

アメリカ、イギリス英語、日本語もあります
有料ですが、2週間のお試しがあります
200~300円なので英語の勉強などで使う方には安いと思います
  
レファレンスはこちらです
https://svoxmobilevoices.wordpress.com/how-to-use/

 

sponsored link

 SVOX Classic インストール

 
Android 端末に SVOX Classic Text-To-Speech を Google Play からインストールします
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.svox.classic
 
svox_1
 

 音声データのインストール

 
SVOXがインストールされているので、希望の言語を更にインストールします
英語では、アメリカ、イギリス、オーストラリア English がありますので
訛りに慣れて置けば TOEIC に役立ちます
 
svox_2 
とりあえず torial を選択して使用できるか確認しましょう
すべての端末で使える保証はありませんので、有料版はお試しの後で大丈夫
Sample を聞いて好みの声を選びましょう
今回は「Grace」の声でいきます
 
svox_3
 
2週間のトライアルです
「Continue」をタップ
 
svox_4
 
Voice data をインストールします
「Download」をタップ
 
svox_5
 
音声データを Google Play からダウンロードします
 
svox_6
 
「Grace」の音声データのお試しで2週間です
「Continue」をタップ
 
svox_7
 
SVOX がデフォルト設定になっていないとのこと
「Go to TTS settings」をタップ
 
svox_8
 
自分で TTS 設定を開いて設定しろと言われました
 
svox_9
 

 スマホの読み上げエンジン設定

 
端末の「設定」から「言語と入力」を選択
 
svox_10
 
「テキスト読み上げ」という項目の中に入ります
 
svox_11
 
音声合成エンジンの一覧があります
デフォルトで Pico TTS が選択されていますが
SVOX Classic TTS に変更します
 
svox_12
 
SVOX の設定には

  1. 読み上げの言語の設定
  2. ボリューム、ピッチ等の設定
  3. 追加の音声データのインストール

などができます
 
svox_13
 
「サンプルを再生」で
Pico TTS との違いも確認できます
 

 SVOX Classic を使う

 
さてこれで設定は終わりですが
この音声合成を使うには、ユーザー補助から
「TalkBack」をONにするとこの機能が使えます
但し、これは盲目の人用なので、タップの仕方が代わり
大変な事になるかもしれませんので、あまりお勧めできません
 
TTS を使うソフト、例えば英会話ソフトなどで試してください