[Android] 読み上げ TTS (Text To Speech) の設定

テキストの読み上げをTTS (TextToSpeech) を使うとできます。

TTSを使うには変換する音声データが言語別に必要でしたが、既に実機インストールされているかネットワーク経由で使えるようです。

tts 2 170x300 - [Android] 読み上げ TTS (Text To Speech) の設定

Android Studio 3.0.1
Android 8.1

 



Text To Speech

 
以前は「Pico TTS」というのがありました。これはロボットのような音声でしたが、最近の音声変換は結構使えるようになってきました。
 

 

TTS言語設定

 
TTSを試す上で端末のTTSとしての言語設定が必要です。

日本語の音声を再生させるための端末の設定はこのようにします。

「設定」->「システム」->「言語と入力」->「詳細設定」->「テキスト読み上げの出力」に入ると言語の設定があるので、日本語を選択し、そこでテストすることもできます。

以下は、default英語設定のemulatorから日本語に対応させた例です。
 

 
コーディングは大まかにこのようになります。

  1. TestToSpeech インスタンス生成
  2. onInit() で初期化の結果ステータスを取得
  3. speak() メソッドで読み上げ開始(SDKバージョンで設定が異なります)
 

サンプルコード

 
今回は、読み上げの開始と終了タイミングを取得するために、setOnUtteranceProgressListener() を使います。
また、再生スピードやピッチも変更できるようにしてみました。
 
MainActivity.java

 
activity_main.xml

 
strings.xml

 

サンプル動画

 

 
 
Reference:
TextToSpeech | Android Developers

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しでお得です。」


誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加




Google Pixel 3 XLグローバル版
SIMフリー 並行輸入品
6.3インチの大画面
背景をぼかすポートレートモード撮影

Anker PowerCore II Slim 10000
Power IQ 2.0搭載
iPhone & Android対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする