[Android] Accelerometer 加速度センサーをグラフにしてみた

加速度センサーの3軸をタイムチャートでグラフにして見ました。おかげで、low-pass filterの効果がわかるようになりましたね、数値ではやはりわかりにくい。
 
linear accelerometer 01 - [Android] Accelerometer 加速度センサーをグラフにしてみた

Android Studio 3.5.3
API 29

 



Accelerometer

 
チャートはMPAndroidChartを使うことにしました。いろいろありますが、Androidの仕様変更に対応が比較的早いので(今の所ですが)。
チャートはLinerChartを使いました。こちら MPAndroidChart ライブラリーでグラフを描画 でも試しています。
 
また、SensorEvent | Android Developersにあるlow-pass filterも試してみます。
 

 

low-pass filter

 
GoogleのSensorEventには次のような式が載せてあります。
加速度センサーの生データは敏感に反応するため、急激な変動をある程度除去して、ゆっくりした動きを取り出す、つまりlow-passのフィルタリングをした方が人間にはわかりやすい場合があります。またある程度というのが味噌で、この場合alphaという定数によって変化が変わって来ます。
 

 

 

サンプルコード

 
早速実装してみます。加速度センサーの元になるのは、加速度センサー Accelerometer を使ってみるです。ここでは生データを扱っているので、それに上のlow-passを入れた場合をボタンで切り分けるようにして見ます。
グラフは、MPAndroidChart ライブラリーでグラフを描画で使ったLineChartです。
 
最初にライブラリーのgradle設定からです。

build.gradle (Project…)

 
build.gradle (Module…)

 
MainActivity.java

 
activity_main.xml

 
strings.xml

 
linear accelerometer 01 - [Android] Accelerometer 加速度センサーをグラフにしてみた
 
ボタンでlow-pass filterを切り替えてその効果を確認してください。また定数alphaによる違いはコードで変更するとわかります。
 
 
 

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加

 

アプリ開発が上達するお勧め

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンラインのプログラミングスクールがいいでしょう。

オンラインスクールは色々ありますが、以下の3つはAndroidが学習できる老舗スクールです。


TECH ACADEMY
Androidアプリコース


こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。


侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン


とても簡単なことなのに本やネットの画像だけでは分かりにくいことはあります。実際に質問してピンポイントで教えてもらうと、なんだそんなこと、と言うのがけっこうあります。


CodeCamp
~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp




直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。


無料で転職まで
これはアプリ限定ではありませんが無料です
その代わり就職することを前提にしたスクールでエンジニアになって職を得たいのであれば手っ取り早いかもしれません

受講料無料:社会人転職コース




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする