[Android] Fragment から別の Fragment に画面遷移させてみる

ActivityからFragmentを起動させて戻る設定を前回はやってみましたが、Fragmentから別のFragmentへ遷移させる方法を試してみます。
 
fragment fragment 02 - [Android] Fragment から別の Fragment に画面遷移させてみる

Android Studio 3.1.2
Android 8.1.0

 



Fragment から Fragmentへ遷移

 
FragmentからFragmentへの画面遷移ですが、以下の動画のような動きをさせてみました。
 

 
これは、BackStackに状態を保存しながらカウントアップで2つのFragmentを遷移させています。

  • ActivityからFragment01を表示
  • Fragment01からFragment02へ遷移: 0 (カウンター)
  • Fragment02からFragment01へ遷移: 1
  • Fragment01からFragment02へ遷移: 2
  • Fragment02からFragment01へ遷移: 10

BackStackを使って戻ります

  • Fragment01からFragment02へ戻る: 9
  • Fragment01からFragment02へ戻る: 1
  • Fragment02からFragment01へ戻る: 0
  • Fragment01からActivityへ戻る

fragment fragment 01c - [Android] Fragment から別の Fragment に画面遷移させてみる
 
このような動きができるように設定してみましょう。
 

 

BackStack

 
前回はActivityからボタンタップでFragmentを表示させ、パラメータを渡しました。
 

activity fragment 00 100x100 - [Android] Fragment から別の Fragment に画面遷移させてみる
FragmentをActivityからコードで設定してHello Worldを表示させてみましたが、ActivityからFragment画面...

 
今回は2つのFragmentを遷移させますが、基本的なところは同じです。
 
バックスタックを使って積み上げたスタックを戻る操作にはpopBackStack()を使います。
 

 
popBackStack には他にも使い方があります。
 
ところでpopという意味が?だったのですが
ハッカーの俗語として
データをスタック(stack)から取り出す、リストから削除する
などの意味があるそうです。

 

サンプルコード

 
ActivityからFragmentをトランザクションで起動させます。
MainActivity.java

 
Activityから最初に起動するFragmentです。Activityからカウントするためのcounterを渡しています。

Fragment01.java

 
Fragment01から遷移するFragment02です。

Fragment02.java

 
Activityのレイアウトです。FrameLayoutのcontainerにFragmentを張り付けます。
activity_main.xml

 
Fragmentのレイアウト
fragment01.xml

 
fragment02.xml

 
strngs.xml

 
 
関連ページ:

 
References:
フラグメント | Android Developers
FragmentTransaction

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ページのトップへ戻る




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする