[Android] Google Map 地図の表示

Google Mapアプリを作る場合には、「Google Map API v2 キー」ができていれば、プロジェクトの新規作成でMAPアプリを選択すると簡単に出来上がります。
 

gmap_1
gmap_3

Android Studio 2.1.3
Android 7.0

 

sponsored link

Google Map アプリ

 
マップアプリは こちら のように簡単にIntentでアプリに飛ばしてしまうこともできますが、プロジェクトで Mapアプリ選択しても簡単にできます。

以下3ステップでできます
尚、以下はデバッグのケースです

  1. Google Map API v2 キーの取得
  2. 新規プロジェクトで Map アプリを作成
  3. キーを記述
プロジェクトで Map アプリを選択

 
キーは取得済みとして進めていきます
 
プロジェクトを新規で作成するときにMAPアプリを選ぶと簡単にセットアップされます
Google Maps Activity を選択
 
gmap_4

 
出来上がったコードに google_maps_api.xml ができていますが、このファイルのgoogle_maps_key にキー「Google Map API v2 キー」を入れます
キーはプロジェクト名と紐づいて作成したと思いますので、別のものを持ってこないようにします。

 
これで作業は終わりです。
実行させると、シドニーにマークされた地図が表示されると思います。
 
gmap_1
 

Map アプリ

 
以下のような構成で出来上がります
 
GoogleMap_02
 
以下コードです
(Google Maps Activity で作成されたままです)
 
MapsActivity.java

 
activity_maps.xml

 
google_maps_api.xml

 
AndroidManifest.xml

 
 

緯度、経度、ズーム

 
緯度経度とズームの指定は

を使ってできます
 
MapsActivityの中のonMapReadyで設定します

 
gmap_3
 

本番用の Google Map API v2  release key

 
いままで、デバッグのケースで説明しましたが、デバッグとはUSBで実機をつないでのデバッグまでです。
このままアプリをリリースすると地図が表示されないという悲惨な目に合います。

release 用のキーが必要です

実際に、apkをreleaseで作成して実機にインストールしAndroid Studio を起動しUSBをつなぐとエラーが表示されます。
例;

ここで出力されている

をGoogle Developers Console のプロジェクトに設定します
Google Maps API v2 キーを取得  を参考にしてください

もしも、API Key: AHHHHHHHHHHHtac4i-XxUUUUUUUYf3s が
打ち込んだものと異なる場合は、直接 AndroidManifestに記述したほうがいいでしょう

一度エラーとなると
そのapkとAndroid環境は使えませんので

apk のアンインストール
Android 再起動
新しいapkをインストール

の手順が必要になります
 
 
関連ページ: