[Android] SoundPool で効果音を鳴らしてみる

音を扱うクラスとしてSoundPoolがあり、比較的短いものを遅延が少なく再生できるのでゲームの効果音の再生などに向いています。
 
下はAnimationとsound再生を同時に行った例です。
 

Android Studio 3.0
Android 8.0

 



SoundPool

 
SoundPoolはLollipop以降使い方が変わりました。

  1. AudioAttributes audioAttributes = new AudioAttributes.Builder(…)
  2. SoundPool soundPool = new SoundPool.Builder()…
  3. soundPool.load(…)
  4. soundPool.play(int soundID, float leftVolume, float rightVolume, int priority, int loop, float rate)
    • soundID: load()で決めたID
    • leftVolume, rightVolume: 左音量, 右音量(range = 0.0 to 1.0)
    • priority: (0 = lowest priority) default 0
    • loop: (0 = no loop, -1 = loop forever)
    • rate: (1.0 = normal playback, range 0.5 to 2.0)

SoundPoolは、事前に音源をロードしておく必要があります。いきなりロード再生ではうまくいきません。そのためアプリとして音源を抱えたままになりかねないため、release, unload等を使ってOut Of memoryに陥らない対策が必要です。
SoundPoolAudioAttributes
 
wavファイルを res/raw/ 以下に置きます。多くの音声ファイルをフォルダ階層で管理したい場合はassetsに置きます。ただし、assetsからのデータ取得はAssetManagerを使う作業が必要です。簡単なMediaPlayerで音楽を再生
 
MainActivity.java

 
activity_main.xml

 
strings.xml

 
ついでに、ボタンを押してSoundPoolで音を再生し、ボタンを回転させてみました。

References:
SoundPool
AudioAttributes