[Android] SoundPool で効果音を鳴らしてみる

音を扱うクラスとしてSoundPoolがあり、比較的短いものを遅延が少なく再生できるのでゲームの効果音の再生などに向いています。
 
下はAnimationとsound再生を同時に行った例です。
 
soundpool 01b - [Android] SoundPool で効果音を鳴らしてみる

Android Studio 3.5.3
API 29

 



SoundPool

 
Audioの再生にはこのSoundPool以外にもMediaPlayerやAudioTrackがあります。

  • SoundPool
    • 再生可能なフォーマット:mp3, ogg, wav(非圧縮), etc.
    • Audio Mixerのように複数の音源を重ねて再生できる
    • 事前にデコードしてメモリに展開するので低レイテンシー
    • 再生できるのは5秒程度
    • 繰り返し再生
    • 再生スピードを可変できる
    • それぞれの音源に優先度をつけられる
    • ゲームの効果音再生に適している
  • MediaPlayer
    • Supported media formatsおそらくこれらをサポート
    • BGMとしてあるいは楽曲の再生用途で使う
  • AudioTrack
    • メモリに直接展開して再生するので低レイテンシー
    • 細かい操作ができる(してあげないといけない)

 

 

SoundPool の設定

 
SoundPoolはLollipop以降使い方が変わりました。

  1. AudioAttributes audioAttributes = new AudioAttributes.Builder(…)
  2. SoundPool soundPool = new SoundPool.Builder()…
  3. soundPool.load(…)
  4. soundPool.play(int soundID, float leftVolume, float rightVolume, int priority, int loop, float rate)
    • soundID: load()で決めたID
    • leftVolume, rightVolume: 左音量, 右音量(range = 0.0 to 1.0)
    • priority: (0 = lowest priority) default 0
    • loop: (0 = no loop, -1 = loop forever)
    • rate: (1.0 = normal playback, range 0.5 to 2.0)

SoundPoolは、事前に音源をロードしておく必要があります。いきなりロード再生ではうまくいきません。そのためアプリとして音源を抱えたままになりかねないため、release, unload等を使ってOut Of memoryに陥らない対策が必要です。
SoundPoolAudioAttributes
 
wavファイルを res/raw/ 以下に置きます。
「res」から「New」「Directory」

soundpool a02 - [Android] SoundPool で効果音を鳴らしてみる

res以下にできたディレクトリーにwavファイルを入れます。参考までに以下wavファイルを名前をつけて保存できます。
one two
soundpool a03 - [Android] SoundPool で効果音を鳴らしてみる

多くの音声ファイルをフォルダ階層で管理したい場合はassetsに置きます。ただし、assetsからのデータ取得はAssetManagerを使う作業が必要です。簡単なMediaPlayerで音楽を再生

 

サンプルコード

 
MainActivity.java

 
activity_main.xml

 
strings.xml

 
ついでに、ボタンを押してSoundPoolで音を再生し、ボタンを回転させてみました。

References:
SoundPool
AudioAttributes

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加

 

アプリ開発が上達するお勧め

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンラインのプログラミングスクールがいいでしょう。

オンラインスクールは色々ありますが、以下の3つはAndroidが学習できる老舗スクールです。


TECH ACADEMY
Androidアプリコース


こういうものではアプリ作れないと言う意見もありますが、それは結局本人のやる気があるかないかです。やる気があっても独学では突破しにくいところは教えてもらうのが一番早い。


侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン


とても簡単なことなのに本やネットの画像だけでは分かりにくいことはあります。実際に質問してピンポイントで教えてもらうと、なんだそんなこと、と言うのがけっこうあります。


CodeCamp
~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp




直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする