[Android] データベース SQLite の簡単作成

大量データの読み書き、さらに検索したい場合はデータベースが便利で、AndroidではSQLiteを使います。ここでは簡単な例を試してみます。
 
sqlite 01 2 - [Android] データベース SQLite の簡単作成

Android Studio 3.2.1
Android 9.0

 



SQLite

 
SQLiteのデータは表のような構造で、関係(Relation)と呼ぶ概念でモデル化されています。例えば企業の株価をこのようにデータベース化されているとすると

番号 企業名 株価(USD)
001 Apple 217
002 Google 1105
003 Amazon 1764
004 Microsoft 108

このようなデータベースをSQLiteで作りAndroidで表示させてみましょう。
 

 

SQLiteOpenHelper

 
データベースの作成、データの追加・削除などを管理するためにSQLiteOpenHelperのクラスがあります。これを継承したクラスを作成するところから始めます。
 
例えばSQLiteOpenHelperを継承したTestOpenHelperというクラスを作ります。
 

 
onCreate() でテーブルを作成して、バージョンをあげると onUpgrade() にて新規バージョンのテーブルが作成されバージョンアップします。

 

データベースの作成・削除

 
テーブル作成やアップデートの判別の execSQL() にはSQL文で実行文を文字列で入れて指定します。例えばSQL_CREATE_ENTRIESはこのように記述します。
 

 
これを汎用性と意味がわかるようにしてまとめるとこうなります。(注)文なのでスペースは意味がありますので消さないように
 

 
同様にSQL_DELETE_ENTRIESもこのように書き換えられます。
 

 

データ追加

 
データの書き込みは execSQL() を使うこともできますが、ContentValueを使いマップデータ型のkeyとvalueとして扱うことも可能です。
 

 

データ読み出し

 
読み出しは query() メソッドを使います。実際にここではテーブル名とコラム名の配列を設定するだけの簡単なものとして作りました。
 

 

サンプルコード

 
これでクラスをまとめてみます。EditTextからデータを入力してデータベースを作ってみます。
 
TestOpenHelper.java

 
ActivityからContextをSQLiteOpenHelperを継承したTestOpenHelperに渡し、データベースを作成。読み出しをボタンでデータベースから読出し表示させます。
MainActivity.java

 
レイアウトです。
activity_main.xm

 
リソース
strings.xml

 
データとして企業名と株価をEditTextに入れてデータベースを作っていきます。
 

 
次は、実際にデータが保存されているのを確認します。
 

SQLiteでデータベースを構築しても、実際どうなっているか確認したい場合があります。 色々な方法がネット上にあるのですが、Android...

 
 
関連ページ:

 
 
References:
Save data using SQLite | Android Developers
SQLite Home Page

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ページのトップへ戻る




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする