[Android] onTouchEvent、タッチイベントを拾う

画面タッチは onTouchEvent を使えばを検出でき、その後に指を離した等は MotionEvent から状況を取得できます。
 
ontouch 01 - [Android] onTouchEvent、タッチイベントを拾う

Android Studio 3.2
Android 9.0



onTouchEvent

 
onTouchEventでのタッチ反応はMotionEventの ACTION_DOWN、あるいは ACTION_UP から取得することができます。
またMotionEventではタッチの移動も取り出せるので、画像などをドラッグしていくことが可能です。
 

 

MotionEvent

 
MotionEvent の関連はたくさんありますがよく使うメソッドはこちら

  • getX(), getY()
    • スクリーンの座標(pixl)
  • getAction()
    • ACTION_DOWN
      • タッチダウン
    • ACTION_MOVE
      • タッチしたまま移動
    • ACTION_UP
      • タッチアップ
    • ACTION_CANCEL
      • UPとDOWNが同時に発生した
  • getDownTime()
    • press downした時間
  • getEventTime()
    • イベント発生時間、uptimeMillis「ブートからの時間(msec)」
  • getPressure()
    • タッチ圧力

画面がタッチされた時にonTouchEventが呼ばれ
どのMotionEventなのかswitchで振り分けていきます。
 

 

サンプルコード

 
画面タッチでその情報が表示され、ボタンタップで表示がリセットされるサンプルです。
MainActivity.java

 
レイアウトファイルです
activity_main.xml

 
レソース
stringx.xml

 
タッチ期間は
long eventDuration = motionEvent.getEventTime() – motionEvent.getDownTime();
で計算します
 
onTouchEventとは違いますが、似たものとしてonTouchがあります。これを使って画像などをドラッグすること等ができます。
 

アイコン画像をドラッグしてごみ箱に入れるなどの、ドラッグをAndroidでやる場合にonTouchを使います。タッチした指の動きに合わせてl...

 
 
References:
onTouchListener | Android Developers
MotionEvent | Android Developers

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ページのトップへ戻る




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする