[Android] カウントダウンするタイマーをCountDownTimerで作成する

カウントダウンするタイマーアプリを作りたいときは、CountDownTimerクラスを使うと簡単に作成できます。
 
countdown02 - [Android]  カウントダウンするタイマーをCountDownTimerで作成する

Android Studio 3.0.1
Android 8.0

 



CountDownTimer

 
CountDownTimer を継承したクラスを作り
インスタンスにカウントダウンを始める時間とインターバルを設定します

  • long millisInFuture:カウントダウン開始時間
  • long countDownInterval:インターバル時間

onTick(long millisUntilFinished) が設定したインターバル時間で呼ばれる
millisUntilFinished で残りの時間が分かる

まとめると

MainActivity.java

 
レイアウトです
activity_main.xml

 
リソースです
strings.xml

 

 
時間の表示を [分:秒.ミリ秒] で表現したいときには
SimpleDateFormatを使うと便利です。ミリ秒で表されるmillisecがあるとすると、分:秒.ミリ秒(3桁)はこのようにします。

但し、これは時刻を表示するものを便宜的に使ったのでLocaleの設定をしないとWarningが出ます。
年月日も追加してみるとわかりますが、startしてからの時間計測はこの例では、起点である1970/1/1からの時間ということになってしまいます。
あるいは、以下のように計算してフォーマットに入れることもできます。

 
インターバルは10msecですがあまり短くしても表示が追いつかないのと
バッテリー消費が激しくなりますので注意です。実機次第です
 
またこの設定では1msec単位まで表示されているかもしれませんが精度はあまり期待できません、あくまで10msecと設定したインターバルです。
 
タイマー関連:

chronometer03 - [Android]  カウントダウンするタイマーをCountDownTimerで作成する timertask03 - [Android]  カウントダウンするタイマーをCountDownTimerで作成する timemillis03 - [Android]  カウントダウンするタイマーをCountDownTimerで作成する countdown03 - [Android]  カウントダウンするタイマーをCountDownTimerで作成する
Chronometer
TimerTask
currentTimeMillis
CountDownTimer

Ref:
CountDownTimer

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しでお得です。」


誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加




Google Pixel 3 XLグローバル版
SIMフリー 並行輸入品
6.3インチの大画面
背景をぼかすポートレートモード撮影

Anker PowerCore II Slim 10000
Power IQ 2.0搭載
iPhone & Android対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする