[Android] レイアウトファイルを使わないでコードでTextViewを作る

TextView をレイアウトファイルを使わずに記述するやり方です。ダイナミックにテキストを変えたい時にはこれを使わないとできません。
 
testviewcode_2
 

Android Studio 3.0.1
Android 8.0



TextView

 
TextViewをJavaコードで記述することのメリットは、ダイナミックに変更できる点です。レイアウトXMLファイルは静的なので、一度作成すると変更できません。

一方デメリットとしては、コード量が増大しがちでレイアウトファイルのように感覚的に作ることもできません。ただ、レイアウトファイルで作成した後で部分的にコードで変更することは可能です。
 

 

コード化のポイント

 
テキストやボタンといった部品を配置するためには setContentView を使いますが、今回はレイアウトXMLファイルである activity_main.xml を使わないやり方です。
 
setContentView:
その名の通り、スクリーン画面にViewを設定するメソッドです。
設定されるViewはLayout形式でまとめられたViewグループになります。
 
setContentView
 
setContentViewのメソッドは引数の取り方でいくつかあります

  • setContentView(int layoutResID)
    • レイアウトXMLファイルのIDを指定
  • setContentView(View view)
    • 簡略形です。今回はこれを使います
  • setContentView(View view, ViewGroup.LayoutParams params)

Ref: Android Developer
 
例としてLinearLayoutを setContentView に設定してみます。

 
このLinearLayoutに入れるTextView のインスタンスを作成します

 
表示するテキストを設定して

 
TestViewの縦横の属性をWRAP_CONTENTとして追加

 
これで出来上がりです

 

サンプルコード

 
プロジェクトを作成しますが、プロジェクトの作り方の説明は「簡単な Button アプリを作る」を見てください
 
デフォルトでファイルが出来上がります。
MainActivity.java
これに以下のように記述していきます。
 
MainActivity.java

 
こんな感じで出来上がりました。
 
testviewcode_1

 

サンプルコード(修正)

 
テキストフォントが小さく、レイアウトも偏っているので少し手を加えて見た目をよくしましょう。
 

 
多少マシになりましたでしょうか。
 
testviewcode_2
 
 
関連ページ:

 
Reference:
Android Developer