[Android] 加速度センサーで球ころがし

Android7

加速度センサーを使った例としてよくあるのが、ボールがスマホの傾きで転がるゲーム性のあるアプリです。
 

Android Studio 2.2.3
Android 7.1.1

 


Accelerometer

 
前回は加速度センサーの値を取得する方法でしたが、それを応用した球ころがしをスマホを傾けることによりやって見たいと思います。
 
コードはAndroid Studioから取り出せるSampleの中の「Accelemrometer Play」からボールが転がる箇所を切り出して簡単にしたものです。
 
MainActivity.java

 
センサーの値を取り込むところは前のページでやった基本と同じです。
X, Y方向の値のみ取り出してCanvasでDrawします。
タイミングをある程度とりたいのでtimer.scheduleを使い100msec毎のセンサー値をCanvasに送ります。
 
CanvasView.java

 
setPositionではセンサーの生データをフィルタリングしています。
ここはsampleでのやり方を参考にしています。

生データはちょっとした動きに過敏に反応するため
メディアンフィルターとローパスを組み合わせた方がいいようです

sampleでは時間的要素を加味していますが、今回timerを使っているのである程度等間隔と想定してその部分は簡略化しています。
この辺りは、描画時間の遅れを相殺するようにした方がいいでしょう。Unityでもそういったことをしています。

関連ページ:
加速度センサー
Canvas クリアーして再描画
カウントアップするタイマー