[Android] Android Studio でのAdMob広告の実装

admob sdk 01 - [Android] Android Studio でのAdMob広告の実装
無料でアプリを公開して広告を貼りましょう。定番はGoogleがやっている AdMob です。アプリの人気がでればそれなりにマネタイズになります。

Android Studio 3.4.1
Android 9.0



AdMob Banner

 
このAdMob広告の設定は、Google Mobile Ads SDKを使ったKotlinでの方法です。
Firebaseを使うAdMob設定とは異なりますので注意してください。

 
Google的にはFirebaseに移行したいのでしょうけれど、まだSDKの方法でないと支障がでるケースを考えて残してあると考えられます。
基本的にはAndroid Admob ガイドに沿って進めますが時々情報が古いこともあったりします。

admob sdk 03 - [Android] Android Studio でのAdMob広告の実装
 
また、ここでの実装はxmlファイルにIDを書くやり方と、コードで記述する方法について試してみます。
 

 

Google Repository のダウンロード

 
SDK ManagerのGoogle Repository:
「Android SDK」「SDK Tools」「Support Repository」Google Repository があるか確認してください。無ければダウンロードします。
 
admob sdk 02b 500x390 - [Android] Android Studio でのAdMob広告の実装

 

play-services-ads を設定

 
「build.gradle (Module: app)」ファイルの編集
 
70c675d4ed177139d98043f01359a6dd 202x300 - [Android] Android Studio でのAdMob広告の実装
 
dependencies に以下をを追加
com.google.android.gms:play-services-ads
(バージョンは随時更新されます)
最新は17.2.0ですが、これにする場合はManifestにApp IDの設定が必要になったようです。
 
build.gradle(Module: )

 

meta-data, ネットワーク権限などを設定

 
アプリの AndroidManifest.xml に meta-data タグを追加します。
ADMOB_APP_IDには
テストてはテストのアプリID(ca-app-pub-3940256099942544~3347511713)
リリースではあなたのアプリIDを設定します。(後述します)
 
AndroidManifest.xml

 

レイアウトファイルにAdView、AdUnitId の記述

 
xmlns:adsの追加、RelativeLayoutなので
android:layout_alignParentBottom=”true”
にてBottomに設定します

activity_main.xml

 
descriptonを指定しているので
strings.xml

ちなみに
ca-app-pub-3940256099942544/6300978111
このadUnitId、広告ユニットIDはテスト用です。

com.google.android.gms.ads.xxx
は応答に時間がかかることがありエラーがしばらく続くことがあります。

本番では、UnitIDをAdMobから取得した正式なものを使います

 

Activityの記述

 
com.google.android.gms.ads クラスのインポート
AdView と AdRequest の記述
 
やり方としてレイアウトをどうするかによってxml ファイルで調整するか、java コードで書くケースがあります。こちらでは前者のタイプでやってみます。

またリスナーを設定してAdMobのライフサイクルを確認できデバッグに役立ちます。

MainActivity.java

 
これで実行してみると
 
admob sdk 03 - [Android] Android Studio でのAdMob広告の実装
 
広告がボトムに表示されました。
尚、画像は付け足しなのでなくても問題ありません。
 

 

コードのみで実装

 
動的な表示、あるいはまとめてコントロールしたい場合などにおいてxmlファイルでの記述は使いにくいので、コードで記述してみます。Manifestやbuild.gradleは同じです。
 
MainActivity.java

 
ここではテスト用IDを使っています。

 

アプリ ID と広告ユニット ID

 
AdMobに登録が済んでいない場合は申し込みをします。
AdMob に申し込む
 
アプリ IDは、AdMob にアプリを追加すると割り当てられる一意の ID 番号でアプリの識別に使用されます。
 
アプリ ID の確認:
https://apps.admob.com から AdMob アカウントにログイン
サイドバーで該当する [アプリ] をクリック
再びサイドバーで「アプリの設定」アイコンをクリック
 
 ca-app-pub-9999999999999~99999999 のように「〜」が間にあるIDです。
 
admob app id 500x205 - [Android] Android Studio でのAdMob広告の実装
 
広告ユニット ID は、AdMob で作成される各広告ユニットに割り当てられる一意の ID 番号で、バナー広告、インターステーシャル広告などアプリ内の広告を識別するためのものです。
 
広告ユニット ID の確認
https://apps.admob.com から AdMob アカウントにログイン
サイドバーで [アプリ] をクリックします。
再びサイドバーで「広告ユニット」のアイコンをクリックすると広告ユニットのIDの一覧が表示されます。
 
ca-app-pub-9999999999999/99999999 のように「/」があるIDです。
 
admob adunit id 500x220 - [Android] Android Studio でのAdMob広告の実装
 
広告が表示されない場合は、
 

activity a00 100x100 - [Android] Android Studio でのAdMob広告の実装
GoogleではFirebaseを使って詳細な解析ができるAdMobサービスを提供しています。今までのsdkを使った方法も残ってはいます...

 
関連ページ:

References:
Android向けMobile Ads SDK
AdMob に申し込む

誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加




アプリ開発が上達するお勧め

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンラインのプログラミングスクールがいいでしょう、時間の制約がないところが一番の魅力です。

以下の3つはAndroidが学習できるオンラインスクールです。


TECH ACADEMY
Androidアプリコース



侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン



CodeCamp
~約8,000名の受講生と80社以上の導入実績~
現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp





正直ネットや本では限界があります。直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。

尚、スクールがダメだと言う人がいますが、やる気があれば問題ありません。与えられるのを待っていてはいけないですね
欲しいものは取りに行くのです。


Google Pixel 3 XLグローバル版
SIMフリー 並行輸入品
6.3インチの大画面
背景をぼかすポートレートモード撮影

Anker PowerCore II Slim 10000
Power IQ 2.0搭載
iPhone & Android対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする