[Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる

Google AdMob Ads Activityを使えば簡単にAdMobのInterstitialを設定できますが、クラスにしてまとめた方が実際には使いやすいと思ったのでやってみました。
 

admobinterstitial2 1 170x300 - [Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる
admobinterstitial 5 170x300 - [Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる
admobinterstitial2 2 170x300 - [Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる
admobinterstitial 5 170x300 - [Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる

Android Studio 3.0.1
Android 8.1.0

 



AdMob Interstitial

 
基本的な設定は前回の Interstitial と同じです。プロジェクトの作成でGoogle AdMob Ads Activityを選択していきます。

AdMob設定のクラスにするためには、Contextを引数にしてActivityから渡してやります。
AdInterstitial.javaというクラスを作りContextを受け取ってIntestitial広告をダウンロードします。そして表示するメソッドを作っておきます。

 
MainActivity.java

 
広告用のクラスです
AdInterstitial.java

 

SubActivityもボタンで戻る時に広告を出すようにします。

SubActivity.java

 
AndroidManifest.xml

 
build.gradle

 
activity_main.xml

 
activity_sub.xml

 
strings.xml

 

実際にネットから取り込むデータロードにある程度時間を見ておく必要があります。バナーとは違ってダウンロードが終わっていない場合はスルーさせたりしたほうがいいでしょう。

関連ページ:

  1. AdMob 広告を Android Studio で設定
  2. AdMob 表示、非表示の切り替え
  3. インタースティシャルの設置
  4. Interstitial広告をクラスにまとめる
誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加


 


ページのトップへ戻る




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする