[Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる

Google AdMob Ads Activityを使えば簡単にAdMobのInterstitialを設定できますが、クラスにしてまとめた方が実際には使いやすいと思ったのでやってみました。
 

admobinterstitial2 1 170x300 - [Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる
admobinterstitial 5 170x300 - [Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる
admobinterstitial2 2 170x300 - [Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる
admobinterstitial 5 170x300 - [Android] AdMob Interstitial 広告をクラスにまとめる

Android Studio 3.0.1
Android 8.1.0

 



AdMob Interstitial

 
基本的な設定は前回の Interstitial と同じです。プロジェクトの作成でGoogle AdMob Ads Activityを選択していきます。

AdMob設定のクラスにするためには、Contextを引数にしてActivityから渡してやります。
AdInterstitial.javaというクラスを作りContextを受け取ってIntestitial広告をダウンロードします。そして表示するメソッドを作っておきます。

 
MainActivity.java

 
広告用のクラスです
AdInterstitial.java

 

SubActivityもボタンで戻る時に広告を出すようにします。

SubActivity.java

 
AndroidManifest.xml

 
build.gradle

 
activity_main.xml

 
activity_sub.xml

 
strings.xml

 

実際にネットから取り込むデータロードにある程度時間を見ておく必要があります。バナーとは違ってダウンロードが終わっていない場合はスルーさせたりしたほうがいいでしょう。

関連ページ:

  1. AdMob 広告を Android Studio で設定
  2. AdMob 表示、非表示の切り替え
  3. インタースティシャルの設置
  4. Interstitial広告をクラスにまとめる

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しでお得です。」


誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加




Google Pixel 3 XLグローバル版
SIMフリー 並行輸入品
6.3インチの大画面
背景をぼかすポートレートモード撮影

Anker PowerCore II Slim 10000
Power IQ 2.0搭載
iPhone & Android対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする