[Android] Google MapとGPSで現在位置を表示する

Android7

Google Maps Activityを使えばGoogle MapのコードはできているのでAPIの設定だけで地図を表示できます。
これを使って現在地を表示させたい場合にはFusedLocationApiで使った位置情報の取得を組み合わせると可能です。

gmap location 1 170x300 - [Android] Google MapとGPSで現在位置を表示する

Android Studio 2.2.2
Android 7.1.1

 



setLocationSource

 
Google Mapの位置情報をFusedLocationApiから取得した位置情報に替えるためには、setLocationSourceを使ってdefaultのソースから変更する必要があります。Google APIs for Android

作成手順としては

  1. Google Map API v2 キーの取得
  2. MapsActivityを作成
  3. FusedLocationProviderApiを追加

となります。まず一番中心的なMapsActivityへのFusedLocationApiの部分を見てみます.

外部トリガーとしてGoogleMap.OnMyLocationButtonClickListenerを入れる事により、地図上に現在地を表示させるボタンを作成できます。

MapsActivity.java

 
Runtime Permissionを扱うので、Permission checkを起動時に入れます。ここでやっていることはPermissionのチェックをして許可すればMapActivityに飛んで地図の表示が始まるようにしています。

MainActivity.java

 
Permissionや起動activityの修正などです。package nameはそれぞれ自分のプロジェクトに合わせます。
AndroidManifest.xml

 
API keyを入れます
google_maps_api.xml

それぞれバージョンは環境に合わせてください
build.gradle(Module:app)

 
multiDexEnabled true
を入れないと65Kメソッドを越えるエラーになるかもしれません

関連ページ:

References:
Google APIs for Android
Google Maps location with low battery usage

スマホの下取り

まだ1年も使っていないスマホを新機種に変えたくて下取りしようとお店に持ち込んだことがありますが、結局なんだかんだと思ったほどの金額になりませんでした(涙

このネットオフは専業のため高額買取が可能で、お店に行く時間が無い人にとっては送料無料の宅配便が自宅まで引取りに来てくれるのは助かります。

定額買取キャンペーン中であればキズがあっても付属品が無くても減額無しでお得です。」


誤字脱字、意味不明で分からにゃイ、
などのご意見はこちらから mailフォーム

ブックマークしておくと便利です このエントリーをはてなブックマークに追加




Google Pixel 3 XLグローバル版
SIMフリー 並行輸入品
6.3インチの大画面
背景をぼかすポートレートモード撮影

Anker PowerCore II Slim 10000
Power IQ 2.0搭載
iPhone & Android対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする