[Android] Android Studio をMacにインストールする

Androidアプリを作るためには開発環境が必要で、Googleの推奨環境は
Android Studio (アンドロイド スタジオ) です。
Android Studioは概ねWinodwsでもMacでも同じように使えます。

Macのメリットは端末のUSBドライバーを設定する必要がないとか、Macでしか開発できないiOSアプリも開発できるなどメリットがあります。
 
Mac上でのAndroid Studioの使い方は基本的にはWindowsと変わりませんが、セットアップは多少違いがあります。尚、Windowsは Windows 開発環境設定 を参照ください

Android Studio
2021.1.1 patch2




Android Studio 開発環境セットアップ

 
環境設定するためにAndroid Studioをインストールし追加SDKを入れれば終わりです。
 

 

PCのシステム要件

 
Mac にセットアップするために必要な条件として以下のようなものがあります。
System Requirements
 

  • Mac® OS X® 10.14 (Mojave)以降
    • Big Sur でも使えています
  • ARM-based chips あるいは第二世代のIntel CoreかHypervisor.Framework
    サポートした最新Core
  • 8 GB 以上のRAMシステムメモリを推奨
  • 最低限8 GB 以上の空きディスクスペース
    (IDE + Android SDK + Android Emulator)
    • 実際にプロジェクトが増えると数十GBは簡単に使うようになりますので
      8GBではとても少ない、またアップデートでもどんどん増えます
  • 1280 x 800 minimum screen resolution
 

Android Studio のインストール

 
こちらから Android Studio をダウンロードします
http://developer.android.com/sdk/index.html
尚、Googleのサイトはデザインや設定方法などの変更を頻繁に行いますが、基本的やるべきことはあまり変わりませんのでその点を理解して進めてください。

 
1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする


 
ライセンス画面となります。同意し、左下にチェックを入れると
ダウンロードボタンが有効になります。

ここで使用しているMacによってダウンロードを選択します。

  • Mac with intel chip: Intel Core の古めのMac
  • Mac with Apple chip: M1 chip の新しいMac

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする


 
どうしてもわからない場合は、画面左上にあるりんごアイコンから
「このMacについて」を開くと「プロセッサ」あるいは「チップ」に表示されています。

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

クリックすると、ダウンロードが始まります

他にもそのページ下の方にあるdmgファイルを直接ダウンロードしてもできます。
 
1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする


 
android-studio-ide-xxx.yyyyyyy-mac.dmg
ファイルがダウンロードされています
 
この dmg ファイルを実行
ダブルクリックで以下のダイアログが表示されます。
 
1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする
 
「Android Studio.app」をつかんで矢印のようにフォルダに入れると、
「アプリケーション」にコピーが始まります。
 
その後「アプリケーション」のフォルダを開いて、Android Studio.appをクリックして起動
 
1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

ファイルの承認を求められます
「開く」で次に進みます
 

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

インストールが開始されますが、初回のインストールでは
「Do not import settings」を選択

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

既にインストールしている場合は、Previous version から過去の設定を呼び出すこともできます。

Android Studio Setup Wizard が始まります。
「Next」
 
1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする


 

初回であれば「Standard」で進めていきます。
「Next」

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

UIテーマを選びますが後で変更もできます。

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

Android SDK が設定される場所とダウンロードされるコンポーネントのファイルサイズを表示しています。
「Finish」

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

コンポーネントをダウンロード

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

「Finish」すると「Android Studio」画面が表示されます

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

 

 
これで基本的なセットアップは終了です
 

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする


「お疲れっす…もうちょっとです」

 

SDK 等の追加インストール

 
このままでも開発はできますが最低限のSDKしか入っていません。
SDKについて理解されている方は、次のステップ

デバッグ用実機などのAPIもインストールしておきましょう
 
Android Studio の「More Actions」から「SDK Manager」を選択
 
1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする


 
Android SDK のSetting画面となります。
 
1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする
 
Android 11.0 あるいは何かが既に入っています。
その他必要なバージョンをインストールします。

但し、Previewはまだ正式リリースでは無いので初心者が使うと面倒になりますから除外、正式になった時点でインストールしましょう。
(そうでなくてもバグは必ずありますのでね…)

また、実機のバージョンでテストしたい場合はそのAPIを入れておきます。

as4.1 share 00 100x100 - [Android] Android Studio をMacにインストールする
GoogleはAndroid OSのシェアを定期的に発表していたのですが、去年あたりからなくなりました。ただ、プロジェクト作成時のMinim...

とりあえずAndroid 12.0 をチェックしインストール

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

インストールされるコンポーネントの確認をするとコンポーネントがインストールされます。

1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする


 
次に、emulatorを入れておきましょう。
SDK Manager の画面で右下の Show package Details をチェックすることで詳細が確認できます
 
emulatorはAPIレベルに応じてそのAPIのイメージが必要なので入れておきます。Level毎に 「Google APIs Intel x86 Atom 64 System Image」などがあり、必要なものをチェックしてインストール、M1チップの場合はARM 64系を選びます。

ここで「Google APIs Intel x86 Atom 64 System Image」を選択してインストールしますが、あるいは「Google Play Intel x86 Atom 64 System Image」でもいいと思います。
こちらの方が実機に近いのですが制限もあります。
但し、このイメージのファイルサイズは大きいので注意です。
 
1x1.trans - [Android] Android Studio をMacにインストールする

 
SDK Managerで必要なものを入れますが作成するアプリによってどれを選ぶか変わってきます。最初はあまりピントこないと思いますが、SDK Managerで設定ができることを覚えておきましょう。

  • Androidの実機は市場にはまだAndroid 10.x や9.xがありますので必要なものを入れましょう
    古いものは後からインストールもできます
  • xxx System Image のようなエミュレータのImageはストレージを圧迫するので全部を入れる必要はないでしょう。 

また、Androidの仕様変更が早いので古い機種しかないと新機能をデバッグできません。emulatorでもできますが完全ではありません、テストできない機能もあります。

常に最新OSが載った機種はPixelシリーズがいいでしょう。キャリアに入らなくてもwifiで済む事は多いです。
 

android device 00 100x100 - [Android] Android Studio をMacにインストールする
Androidは端末によってはOSのアップデートが無い事が多いため、最新機能の確認はどうしてもGoogleのPixelを入手する必要がありま...

 

 

次のステップ

 
この後は環境設定の確認のため

をやってみてください
 
 
その他関連ページ

  1. エミュレータの設定
  2. SDKバージョンとプラットフォーム
  3. Android Studio での encoding 設定

 
Reference:
Android Studio のインストール







アプリ開発が上達するお勧め

アプリ開発を始めたけどわからないところがあり、誰かに聞きたいけど周りにはそんな人はいない…あるいは、会社で働いていて日中そんなに時間をとれないなど、オンラインのプログラミングスクールがいいでしょう。

TECH ACADEMY
オンライン説明会



Code Camp
現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール【CodeCamp】


直接(ネットで)誰か分かる人に聞いた方が早く解決して、上達も早いと思います。



侍エンジニア塾
侍エンジニア塾 無料体験レッスン


とても簡単なことなのに本やネットの画像だけでは分かりにくいことはあります。実際に質問してピンポイントで教えてもらうと、なんだそんなこと、と言うのがけっこうあります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする