[Android] アプリ開発でのadb コマンド操作、PATHを切る

Android アプリ開発で adb コマンドを操作することがあります。特にAndroid Wear ではHandheldとWearをadbコマンドで接続しないといけないので使いやすく環境を設定しようと思います
 
尚、example はMacのケースですが
Windowsとの差異は、ファイルパスの違いです
 

sponsored link

adb command list

 
アプリ開発でよく使うコマンドです

 adb shell シェルの起動
 adb devices  android deviceの確認
 adb install [packagename]  アプリのインストール
 adb install -r [packagename]  アプリの再インストール
 adb shell pm list packages  アプリの一覧
 adb uninstall [packagename]  アプリの削除
 adb push A B  AをAndroidのBにコピー
 adb pull A B  AをPCのBにコピー
 adb kill-server  adb の停止
 adb start-server  adb の起動
adb forward tcp:4444 localabstract:/adb-hub  android wear との接続1
adb connect localhost:4444  android wear との接続2

 
adb shell

 
このコマンドで接続端末の Linux OS に入り
ファイルを見ることができます
 

 

adb devices

 
接続している Android 端末のIDが分かります
 

 

adb install [packagename]

 
apk ファイルをインストールします

 

adb install -r [packagename]

 
-r を付加して再インストール

 

adb shell pm list packages

 
インストールされているアプリの一覧

 

adb uninstall [packagename]

 
インストールされているアプリを選んで削除

 

adb push A B

 
ホームディレクトリのDesktop/temp/以下にあるtest.txt を
端末の /sdcard/ ディレクトリにコピーする例です
 
Mac の場合 ~/ はホームディレクトリですが
コマンドを入力するロケーションにtest.txtがあれば
adb push test.txt /sdcard/
で済みます
 

 

adb pull A B

 
これは端末の /sdcard/test.txt ファイルを ~/Desktop/temp/ のフォルダーにコピーしています
 

 

adb kill-server, adb start-server

 
adb を再起動させる場合に使います
 

 

adb forward tcp:4444 localabstract:/adb-hub, adb connect localhost:4444

 
Android Wear と Handheld をつなぐ時に使います
 

 
Android Wear アプリの作り方はこちら
 

adb command のPATHを切る

 
adb コマンドは基本的には
Windowsであれば adb.exe
Macだと adb
の実体があるフォルダーでコマンドを打てますが
(逆に言うとそれ以外では、そのまま打ってもエラー)
 
PATHを切る、あるいはPATHを通すことで
異なるフォルダから実行することができます
 

WindowsでPATHを切る

 
環境変数 PATH にadb.exeがあるフォルダを登録します

C:\Users\[User_Name]\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools\
以下にadb.exeがあるので、このパスを環境変数のSystemに登録します

path

尚、この変更にはPC再起動が必要です

 

MacでPATHを切る

 
.bash_profile
などの起動直後に実行されるファイルをテキストエディタなどで開きファイルがあるか確認します。

.bash_profile はホームディレクトリの直下にあります
無い場合は自分で作ります

 
.bash_profileを開いて

 
以下のように記述します

 
保存したらターミナルを再起動させて
adb コマンドが通れば成功です